MS Tina

【EFDESiGN サイクルジャージ HI-TECH-111-WH】- 2014SS Collection

この春より日本で本格的に販売を始めたMS Tina。本国イタリアでは30年近い実績を持ち、強豪チームであるZalfを長年サポートしていることでも知られています。
MS Tinaというブランドの技術、研究開発力を十分に感じて頂ける商品をと考え取扱いを決めたサブブランド「EFDESiGN」。その最上位ラインが「HI TECH MAN」です。現在サイクルジャージとビブショーツ、ウォータープルーフジャケットをCaLORSでは展開していますが、今回は、これからの夏本番に機能的なサイクルジャージをご紹介します。
———————————————————————————-
「HI-TECH-111-WH」

20140315_11802_01.jpg
高温多湿な夏季シーズンのために特別に研究開発されたサイクルジャージ「HI-TECH-111-WH」。夏本番を迎えた日本のサイクリストに最適なウェアです。このウェアには、大きく3つの特徴があります。
1) MS Tinaの独自の最新技術
「HI-TECH-111-WH」には、「FLOW」「 FLOW NECK」「Domino」「6 sense」の4つの技術が採用されています。
「FLOW」は、ウェアの体温調整機能を促進させる技術。サイクリング時に出来る空気の流れを利用して、運動中に発生した熱を放出するシステム。夏だけでなくあらゆる天候条件下で発汗作用を促すことが証明されています。
その「FLOW」から生まれたのが「FLOWNECK」。より小規模なシステムでウェアの襟の内側に採用することで、熱を放出、ウェアにフィット感と通気性、快適さが生まれます。
0729_ef02.jpg

「Domino」は、空気抵抗の低減と快適な着心地をもたらし、温度や湿度の調整機能を高める技術。そして、「6sence」は、アスリートの体にぴったりとフィットする形状で、生地と肌との摩擦を最小限にする技術。こちらも空気抵抗の低減と着心地に効果があります。
ゴルフボールの表面によく見られるディンプル(凹凸)と同じ仕組みで、この凹凸が空気抵抗を削減し、空気の流れをウェア表面からはがしやすくし、また後方へのきれいな空気の流れを生み出します。
また、ウェアと肌の摩擦をなるべく少なく最小限にすることで、アスリートの流れるような動きを妨げずに、スムーズに体を動かすことが出来ます。より自由で快適な着心地で、最高のフィット感が得られます。身体とウェアの両方の性能を高めつつ、快適な着心地も得られます。
0729_ef03.jpg

2) イタリアが誇る最先端の素材/縫製技術
独自のテクノロジーが身体にぴったりとフィットする形状を生み出すよう、「HI-TECH-111-WH」には、21のパネルと4種類の生地が使われています。
縫い目を減らすことでストレスを軽減するウェアが増えてきていますが、EFDESiGNでは、21のパネルと4種類の生地を適材適所に配置しながらも、イタリアの縫製技術で仕上げる事で、軽量なウェアを実現しています。
3) 洗練されたデザイン

最高レベルの機能を、落ち着いた洗練されたデザインで仕上げています。機能美だけでなくデザインも追及するのが、イタリアの誇り。EFDESiGNは、デザインから出荷までの全工程を完全イタリアンメイドで貫いています。
これまで、夏に適した黒い素材(生地)がなく、夏には機能的でシックなデザインのウェアを着る事を諦めていたサイクリストも多いはず。機能とスタイルを兼ね備えたウェアを求める声に応える、最高級ラインのサイクルジャージに仕上がっています。
———————————————————————————-
20140315_11815_01.jpg
★京都の特約店さま「EURO WORKS La sista」では、
EFDESiGNウェアをお取扱い頂いております。
BLOGでインプレッション頂いておりますので、
ぜひご覧ください!!
http://euro-works.net/2011/modules/d3blog2/details.php?bid=236
¥19,800(本体価格) 
※CaLORSでは価格は全て税抜表示となっております。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 
【EF DESiGN とは】
MS Tinaが持つ”サブブランド”。素材・縫製、全てにおいて現在ベストのものを採用し、最高レベルの機能と洗練されたスタイルを備えたブランドです。
0401.jpg

関連記事

  1. PISSEI

    【PISSEI サイクルジャージ ピオジア-BL】 – 2015SS Collectio…

    PISSEIといえば、『デザインセンスに優れたブランド』というイメージ…

  2. MS Tina

    自転車レースを追いかける生活 vol.01 – 2014/04/25

    深夜のローマの環状線を走って、今日もようやくホテルに着いた。…

  3. MYN

    MYN 2017SSメンズコレクションインプレッション vol.02 X2編

    今シーズン、新たに加わったMYNのメンズウェアのインプレッション第二弾…

  4. PISSEI

    【PISSEI ウィンドプルーフジャケット ピクシー】

    2015年PISSEIから超軽量な防風ジャケット『ピクシー』   70…

  5. SALICE

    【SALICE サングラス 3047 RW-BL】 – SALICE Collectio…

    SALICE(サリチェ)は、実は創業95年を超える老舗アイウェアブラン…

  6. SALICE

    【SALICE サングラス 012】 – SALICE Collection

    SALICEの2015年新モデル『012』 追加が入荷しま…

最近の記事

アーカイブ

  1. メディア・プレスリリース

    ユーロバイクアワード受賞の画期的な女性専用ビブショーツ【VESPER EPIC】…
  2. BIORACER

    BIORACER 本場ヨーロッパ ロードレース ワンピの実力
  3. PISSEI

    【JAPAN TOUR – PISSEI RIDE】イベント一覧
  4. MYN

    MYN 2017 FW メンズウェアコレクション 発売開始
  5. メディア・プレスリリース

    【CaLORS – Webショップ】オープン!利便性向上とよりきめ細…
PAGE TOP