BIORACER

UCIシクロクロス世界選手権で発揮されたウェアの実力

週末の1月28(土)・29日(日)にルクセンブルク・ベルヴォーで行われたUCIシクロクロス世界選手権2017。シクロクロス2016-17シーズンのエリート世界王者は、男子がベルギーのワウト・ヴァンアールト(ベランダスウィレムス・クレラン)、女子はサンネ・カントが獲得しました。

シクロクロス王国のベルギーを印象付けた今年の戦いで、ベルギー勢が身に着けていたのはもちろんビオレーサーです。サイクルウェアメーカーがひしめくなか、ベルギーやオランダのナショナルチームが長年採用しているビオレーサーのサイクルウェアには、大きな違いが2つあります。

1) 研究し尽くされた適材適所
BIORACERが採用する素材(生地)、パネル形状、細部の仕様には、全てに意味があります。蓄積された膨大な研究データとトップアスリートからのフィードバックに裏打ちされた製品には、市場で今流行しているから、などとという曖昧なものでは一切ありません。

①最適な素材を最適な箇所(パネル)に使いパフォーマンスを最大限高め ②素材の特殊な構造で過酷な状況でも自然に汗や熱を逃がし ③バイク上でエアロダイナミックな効果を最大限得るためのショーツの裁断、生地、パッドが計算し尽くされて配置されています。

2) シクロクロスで効果絶大な素材 – パワーアイレット
ストレッチ性の高い素材、パワーアイレットにより独特なパネル形状を再現。サイドパネルをなくし、より体にフィットすることで、ラン・担ぎなど激しい動きにもストレスフリーを実現しています。非常に撥水性の高い素材で、実際に世界戦を観てみるとビオレーサーがサポートしている選手のウェアに泥がついていないのが分かります。

このナショナルチームが採用しているBIORACERのエアロスーツは、みなさまのチームでも実現が可能です。シクロクロスのエアロスーツをご検討のチーム様には、次の2つのアイテムがおすすめです。

商品詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

【BIORACERのカスタムオーダー】
ビオレーサーのカスタムオーダーなら、高機能な素材で、トップ選手も使うウェアをあなたのチームで実現できます。ぜひ一度商品ラインナップをご覧ください。

まずはこちらから会員登録をお願いします。

関連記事

  1. BIORACER

    BIORACER 世界最先端のロードレースワンピース販売開始

    ※画像は、ロードレースワンピースおよびエアロスーツ開発風景やレース…

  2. BIORACER

    梅雨に役立つ高機能素材『TEMPEST(テンペスト)』採用のウォーマー販売開始

    株式会社Clannote(本社:東京都渋谷区、代表取締役:和田智裕…

  3. BIORACER

    【BIORACER】全天候・オールシーズン対応可能な素材『TEMPEST(テンペスト)』

    画期的という言葉がふさわしい素材 『TEMPEST(テンペスト)』…

  4. BIORACER

    [プレスリリース]Bioracerトライアスロンウェアの国内販売を開始 – 2014/0…

     ベルギー大手サイクルウェアブランド・ビオレーサートライア…

  5. BIORACER

    ツール・ド・フランス第19ステージ Team Dimension Data for Qhubeka・…

    ツール・ド・フランス第19ステージ、今大会最長の222.5kmのロング…

  6. BIORACER

    ツール・ド・フランス第16ステージ Team Dimension Data for Qhubeka・…

    最後の休息日明けのツール・ド・フランス第16ステージ、前半に3級、4級…

最近の記事

アーカイブ

  1. BIORACER

    ベルギーナショナルチームデザインの2017年モデルサイクルジャージ発売開始
  2. SAKO7

    SAKO7 2017年の新作を発表
  3. MYN

    2017 SS MYN(マイン) 新作コレクションの発売を開始
  4. PISSEI

    PISSEI 取扱店のご紹介
  5. SALICE

    【SALICE】 2016年より登場の新レンズ『IR-INFRARED』
PAGE TOP