BIORACER

【サポートライダー】ATHLONIA代表 スポーツナビゲーター・白戸太朗さん – Ironman Hawaii world Championship

 

BIORACERがサポートする株式会社アスロニア代表でスポーツナビゲーターの白戸太朗さんの、Ironman Hawaii world Championshipレースレポートをご紹介します。


いつも応援いただき有難うございます。
先週末、トライアスロンの最高峰である「Ironman Hawaii world Championship」に出場してきました。

トライアスロンがオリンピック種目になる前から、この世界の頂点として輝いている大会に出場できることは、トライアスリートとしてこの上ない喜びであり、誇りに思えることです。
初参加から数えて19回目。
もちろん現在の立場上、思うような準備が出来ていなかったのも事実。
直前にも、現場でも様々なことがありましたがこうして選手としてスタートラインに立てることに感謝です。

レース自体はいつも通り無理なくこなすことが出来ました。
スイムは突っ込まないことだけを心掛け、最後まで冷静にこなせました。
3.8㎞、60分ちょうど、まあこの日の海のコンディションとしてはまずまずでしょう。

バイクは練習不足を理解しているので、無理せず周りに流されないように走り出します。
それでも、登りは比較的リズムよく登れ、前の集団をパス。
しかし結果としてこれが響きました。登り切った後の下りと平坦でその集団が僕を飲み込み抜いていく…と思ったらその大集団の中にいるときにいきなりドラフティングのペナルティ。まあ、審判の裁定は絶対なので仕方ありません。

そこから5分のペナルティを経て再スタート。
その後も、身体の動きは悪くないので順調に走れました。

ただ、コナは折り返してからが勝負。前半は押さえて押さえて…
するとまた違う大きな集団に飲み込まれ、下がるとペナルティ取られた記憶から、今度は積極的に前を走ろうと、集団を抜きにかかった時に再びペナルティ。
リズムが合わないというか、タイミングが悪いというか…

気を取り直し、マイペースで走ることに徹します。
ここで気持ちが切れたら走れなくなるのは目に見えていたので気持ちの切り替えが大切です。
それでも後半も予想以上に走れ、風の影響もあり、準備不足の割にいい形で走り切れました。

しかし、アイアンマンの神様はそう甘くはありません。
比較的、いい感触をつかんでいたラン。今回は一番期待していたパートでしたが、走り出しが相当重い。バイクが走れてしまった分、足にきていたようです。しかも暑い…。
苦しみに耐えながら、走って、エイドステーションで冷やして~を繰り返していると、少しずつ体が動くようになり、「なんとかなるかも」という感じに。
それでも脚は動かないし、日差しは強いし~
「歩いたらマラソンは長すぎるので、とにかく走り続けよう」そう自分をなだめて走り続けました。

残り、12㎞付近からようやくリズムが戻ってきて、苦しみながらもきちんと走れるように。なんとか耐え続け、フィニッシュを迎えることが出来ました。

スイム 60分、バイク5時間1分、ラン3時間48分 トータル9時間57分

時計を見ていなかったので気が付かなかったのですが、バイクのコンディションが良かったので10時間切りを達成することになりました。これは予想外で、フィニッシュしてからじわじわと喜びがわいてきます。
そして、足のダメージは相当なもので、この後は歩くのも不便なほど。やはり準備不足の体に無理をさせたという事でしょうか。

その夜、オーガナイザーからメールが入り、ペナルティが重なっているのでDQ(失格)となったとのこと。
翌朝、審判長に抗議をしに行きまして、現在は調査中となっています。

まあ、この結果はどうなるのか分かりませんが、審判団の最終的な裁定には従わざる得ません。これはスポーツである限り当然のことです。
しかし、自身の持てる力をレースですべて出し切ることが出来たことは満足です。
今の僕でもここまで出来た。これはある意味驚きと自信になりました。
限られた短い時間でも、うまく練習を組み立てれば走れる。
そんな工夫を皆さんに伝えていけるようになればいいと思います。

ということで、今シーズンのメインイベント終了です。
応援有難うございました!
とりあえず、身体のメンテナンスと溜まっている仕事に集中します!(笑)

ATHLONIA 代表
スポーツナビゲーター/トライアスリートシラトタロウ
FB https://www.facebook.com/maidotaro
Twitter http://twitter.com/maidotaro


白戸さん着用のトライスーツ は、体型に合わせて各部のサイズを調整できるフルカスタム仕様のINDIVIDUAL SUIT(インディビジュアルスーツ)のトライスーツです。現在は、日本国内唯一のBIORACERスピードセンター=トライアスロンショップ・アスロニアでのみ採寸とオーダーを受け付けています。また、通常のBIORACERオーダーサイクルジャージ、トライウェアの試着、ご注文もアスロニアで可能です。

BIORACERスピードセンター(bioracer.jp)
BIORACER トライアスロン用アイテム(athlonia.com)


【ショップ紹介】
トライアスロンショップ・アスロニア

白戸様が代表をつとめられているショップ。単にトライアスロン用品、自転車用品の販売だけではなく、フィッティングやトレーニングなどの機能を拡充し、初心者の方がトライアスロンデビューするための技術指導や、身体の管理、物理的な準備など様々なトライアスリートのニーズにお応えできるトライアスロン専門ショップです。
東京体育館、代々木公園、神宮外苑という近隣のフィールドを生かしバイクトレーニング専用スタジオ、ロッカー、シャワーを備えた総合的なクラブハウスとしてお客様の充実したトライアスロンLIFEをサポートしています。
http://athlonia.com

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷一丁目1番24号 鳩森八幡神社ビル1F
TEL:03-5413-7571


ニュースレターに登録してカラーズの最新情報と特典を手に入れよう。
・限定商品やキャンペーン等、ニュースレター会員限定のおトクな情報をお届けします
・ニューモデルの商品情報や販売開始時期
・イベント出展予定や販売店様でのセール情報
公式オンラインショップ/CaLORS Webショップで使える期間限定クーポン(不定期)
・先行予約販売商品なども随時ご案内させていただきます
ご登録いただくメールアドレスをご入力後に【登録】ボタンをクリックしてください。


配信は不定期になります。配信形式はHTMLならびにテキスト形式になります。

関連記事

  1. BIORACER

    ミッドシーズンから冬にかけておススメ – 高機能撥水保温素材『TEMPEST(テンペスト…

    高機能撥水保温素材『TEMPEST(テンペスト)』は、通気性に優れ…

  2. BIORACER

    【サポートチーム】Roppongi Express様チーム紹介

    画像提供:山本健一様BIORACER Japanでは、サイ…

  3. BIORACER

    『 WE MAKE YOU FASTER 』勝つためのウェア- Vol.02:独自素材「BIORAC…

    製品開発スローガン『 WE MAKE YOU FASTER 』を掲…

  4. BIORACER

    2020シーズンビオレーサー採用チーム紹介

    思いのほか暖かかったウィンターシーズンが終了。まだたまに寒さが戻ってき…

最近の記事

アーカイブ

  1. PISSEI

    【PISSEI】オールシーズンアイテム・[eVent]採用サイクルジャケット
  2. メディア・プレスリリース

    クランノートのCSR(Corporate Social Responsibili…
  3. PISSEI

    【PISSEI】2020 春夏コレクション 発売開始
  4. BIORACER

    【BIORACER】万が一の落車のダメージも軽減 – 競輪ショーツ …
  5. BIORACER

    【BIORACER】世界最先端のエアロソックス 日本限定カラー第二弾・新発売!
PAGE TOP