BIORACER

【サポートライダー】ATHLONIA代表 スポーツナビゲーター・白戸太朗さん – Ironman70.3 Xiamen

BIORACERがサポートする株式会社アスロニア代表でスポーツナビゲーターの白戸太朗さんの、Ironman70.3 Xiamenレースレポートをご紹介します。


開催地 中国、厦門(アモイ)
大会日 2018.11.18

このところ、アイアンマンへの影響力を増している中国。権利の関係上はもちろんだが、中国内での盛り上がりをヒシヒシと感じる。
今年、中国の関係者が弊社の主催するセントレア大会に来てくれたのを契機に、中国側とリレーションが始まり、私自身も最近の中国のアイアンマンを走っていたいと思っていた。
そんな時に、お誘いがあり、さらに週末の短期間で行けるという事から参加することに。さらに、ここで来年目標とする「70.3世界選手権」の参加権利を獲得するという目標をもって参戦してきた。

成田から5時間で厦門到着。さすがは東南アジア、近くて便がいい。さらに空港から20分でホテル到着。大会本部のホテルだけあってすべてが便利である。ただ、1区画が大きくて、隣のホテルやスーパーに行くだけで時間がかかるのには驚いたが。

前日のIronKidsは、レースというより参加してもらいスポーツの楽しさを子供たちに味わってもらおうというイベントになっている。未就学時が一所懸命に頑張ったり喜んだりしている姿に心打たれながら、日本のIronkidsももっとこちらに振ってもいいのかなとも考えていた。

前日にパラついていた雨もやみ、当日は曇りで暑くも寒くもない絶好のレース日和。
波もさほどなく泳ぎやすいコンディション。

ローリングスタートなので3人ずつ5秒おきに出ていく。スイムの調子は悪くないので、慌てずに泳ぐことを心掛ける。ウエットスーツのお陰で、追い込み過ぎることもなく、いい感じでフィニッシュしトランジッションへ。今回のポイントはこのトランジッション。1700人分のバイクが両サイドに並んでいるなかを走り抜ける。なんと総距離は約1㎞!?まあ、これもトライアスロンということで、バイクスタート。

コースは海沿いの新しい広い道を走る。なだらかなアップダウンが数か所あるだけで、非常に走りやすい。選手の数に対して道幅もあり、周りを気にせず走れる贅沢な感じ。ちょっと観客が少ないのは警察の住民コントロールを厳しく行っているからで、昨年は観客ゼロに近かったとか。今年は多少改善されたがまだまだだ少ない。ともあれそんな走りやすいバイクコースをひたすら走り抜けていく。ハワイ以降、そこまで準備が出来ていないので比較的感覚のいいランに勝負をかける作戦で無理はし過ぎない。それでもVentum(エアロバイク)とマビックホイールのお陰で、スピードのノリは悪くなく、こちらも無難にこなすことが出来た。

さあ、勝負のラン!と意気込んでスタート。はやる気持ちを抑えながら、順調に前を抜きながら走っていく。3周回のコース、ペースを維持しながらも無理しない感覚。これが難しいのだが、この数年の動き改造トレーニングの効果が少しずつ出てきていい感じである。しかし、3周目に入るとさすがに足が悲鳴を上げ始め苦しくなるもの、自分を叱咤激励しなんとかフィニッシュに向かう。結果的にほぼ最後まで粘ることは出来、自分の力が出し切れるレースであった。

リザルトは下記の通り。

Shirato, Taro       カテゴリー3位   Swim 00:23:57    Bike 02:22:01      Run 01:32:38
Total 04:26:14

いいコンディションであったとはいえ、きちんと走ることは出来たと思う。
超ロングのトランジッションを2度通過していることを考慮するとタイムも申し分ない。
ただ、今回はハワイの権利もかかっていたこともあり相当なハイレベル。正直、上位の選手に現状では勝てると思えない。なので、この状況下での3位は納得できるものであった。
そして、お陰様で来年ニースにて開催されるIronman70.3world championshipの出場権を獲得することが出来ました。

今シーズン、練習量が不足する中でも、レースをきちんとこなす事が出来た。
これに関しては、少し手ごたえを感じるものがあった。
もちろん、もう少し時間があれば~というのもあるが現状においては仕方がない。
今の状況でなにを出来るかを考え、出来ることを無理のない範囲で行う。
トライアスロンはライフタイムスポーツなので、なんとかこれを体現するアスリートとなるべく来季も頑張りたいと思います。

応援ありがとうございました。
そして来シーズンもよろしくお願いします。

ATHLONIA 代表
スポーツナビゲーター/トライアスリートシラトタロウ
FB https://www.facebook.com/maidotaro
Twitter http://twitter.com/maidotaro


白戸さん着用サイクルジャージは、体型に合わせて各部のサイズを調整できるフルカスタム仕様のトライスーツです。現在のところ、一般のお客様にはサービスをご提供しておりませんので、予めご了承ください。

参考:BIORACER トライアスロン用アイテム

BIORACERについて詳しくはこちら


【ショップ紹介】
トライアスロンショップ・アスロニア

白戸さんが代表をつとめられているショップ。単にトライアスロン用品、自転車用品の販売だけではなく、フィッティングやトレーニングなどの機能を拡充し、初心者の方がトライアスロンデビューするための技術指導や、身体の管理、物理的な準備など様々なトライアスリートのニーズにお応えできるトライアスロン専門ショップです。
東京体育館、代々木公園、神宮外苑という近隣のフィールドを生かしバイクトレーニング専用スタジオ、ロッカー、シャワーを備えた総合的なクラブハウスとしてお客様の充実したトライアスロンLIFEをサポートしています。
http://athlonia.com

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷一丁目1番24号 鳩森八幡神社ビル1F
TEL:03-5413-7571


ニュースレターに登録してカラーズの最新情報と特典を手に入れよう。
・限定商品やキャンペーン等、ニュースレター会員限定のおトクな情報をお届けします
・ニューモデルの商品情報や販売開始時期
・イベント出展予定や販売店様でのセール情報
公式オンラインショップ/CaLORS Webショップで使える期間限定クーポン(不定期)
・先行予約販売商品なども随時ご案内させていただきます
ご登録いただくメールアドレスをご入力後に【登録】ボタンをクリックしてください。


配信は不定期になります。配信形式はHTMLならびにテキスト形式になります。

関連記事

  1. BIORACER

    【サポートライダー】梶原悠未選手が出場全レースで優勝!圧倒的な強さを発揮!

    BIORACER_Japanでは、海外の舞台にチャレンジしているア…

  2. BIORACER

    ベルギーナショナルチームデザインの2017年モデルサイクルジャージ発売開始

    株式会社Clannote(本社:東京都渋谷区、代表取締役:和田智裕)は…

  3. BIORACER

    【好評連載の番外編】池本選手・梶選手のBIORACER本社訪問レポート・その2

    BIORACER_Japanでは、海外の舞台にチャレンジしているアスリ…

  4. BIORACER

    「オーダーサイクルジャージ・トライウェアのニーズを受け止めるワンストップのサービスを」 (後半)

    ~株式会社アスロニア代表:白戸太朗氏インタビュー株式会社アスロニア…

  5. BIORACER

    【デザインコンテスト】投票開始!! 第2回BIORACERデザインコンテスト

    第2回BIORACERデザインコンテスト 投票開始いたします!…

  6. SALICE

    【SALICEサポートチーム】「SNEL CYCLOCROSS TEAM」レポート

    CaLORSでは、昨シーズンよりBIKESHOP SNELのシクロ…

最近の記事

アーカイブ

  1. BIORACER

    【BIORACER】世界最先端のエアロソックス 日本限定カラー第二弾・新発売!
  2. PISSEI

    【PISSEI】2020 春夏コレクション 発売開始
  3. BIORACER

    Roppongi Expressオリジナル『RX&Co.』サイクルジャ…
  4. SAKO7

    SAKO7 2020年コレクション 発売開始!
  5. メディア・プレスリリース

    クランノートのCSR(Corporate Social Responsibili…
PAGE TOP