BIORACER

【サポートチーム】Roppongi Express 2020年チームウェアにビオレーサーを採用

BIORACER Japanでは、サイクルスポーツ強豪国である本国ベルギーをはじめ、ドイツ、オランダ、ルクセンブルグなど各国ナショナルチーム採用サイクルジャージ同様の、ハイクオリティなカスタムオーダーサイクルジャージを日本のお客様にお届けしています。

2020年より国内屈指のアマチュアサイクルレーシングチーム「Roppongi Express」様のチームウェアにビオレーサーを採用いただきますことをお知らせいたします。

また、チームウェアの採用だけでなく、2020年グランフォンド世界戦優勝に向けて、2019年 ツール・ド・沖縄で6度目の優勝を果たしたRoppongi Expressチーム代表 高岡亮寛選手を全面的にバックアップ。ベルギーのビオレーサー本社サポートのもと、包括的に支援を行うこともここにお知らせいたします。

高岡選手の目標は、世界のアマチュアレーサーの頂点を決めるUCIグラン・フォンド世界選手権優勝。2019-2020年度のUCIグラン・フォンド・ワールドシリーズは、世界各国で開催される27の予選大会を経て9月にカナダのウィスラーで決勝戦=世界選手権が開催されます。この目標に向け、ビオレーサーはウェアを提供するだけでなく、バイクバレーでの風洞実験、ビオレーサーエアロなど、現状提供可能な技術全てをもって高岡選手を全面的にバックアップしてまいります。

Roppongi Expressチーム代表 高岡亮寛選手より

『グランフォンド世界選手権に参戦』 2016年末のチーム設立時に掲げた目標に対して、2017年2位、2019年3位と想像以上の結果を残せました。そして今は明確に『世界チャンピオンになる』という目標があります。

世界一を目指すという本気の挑戦に対して、ビオレーサーから高機能ウェアだけでなく風洞実験など最新のエアロに関するノウハウ全て含めたバックアップを受けられる事を大変光栄に思います。 Bioracer x Roppongi Expressで必ずいつの日かグランフォンド世界選手権で優勝し、レインボーストライプ入りのチームジャージを作りたいと思います。

【BIORACERにした理由:憧れと高機能】 

25年ほど前に自転車を初めた頃から本場欧州のプロレースに強い憧れを持っているので、世界選手権などで各国ナショナルチームにも採用されている憧れのウェアメーカーでチームウェアを作れるというのは願ってもないチャンス。またあらゆる小さな改善の積み重ね”maginal gains”が求められるトッププロの世界で最先端をいく高機能ウェアを身にまとうという精神的な余裕も大きい。

【ビオレーサー着用後の感想:抜群のフィット感】

とにかく生地のストレッチが効いていて、非常に柔らかく身体にフィットする。またパッドを立体的に縫い付けるという技術のおかげか、パッドと股間のフィットも素晴らしい。

BIORACER JAPAN 代表 和田智裕より

私達は、海外の舞台にチャレンジしているアスリートを応援しています。また、ご採用いただいたみなさまが勝利すること自体が、選んでいただいた方へのサポート(貢献)だと考えています。そのためにビオレーサー本社もオリンピック・世界選手権で活躍する選手からのフィードバックを元に膨大な開発費をかけて素材・パターンを研究しています。ウェアに採用する素材(生地)やパネル形状、縫製に至るまですべてが研究とフィードバックの賜物であり、安易なもの作りをしない、生産者としての誇りをもってウェアを送り出しています。

国内ではブランドの想いやウェアの本質を伝え、共感できる人を増やすことが使命だと感じていた中、今回Roppongi Express様に背景をご理解いただいた上で採用いただき、共にグランフォンド世界選手権での勝利にチャレンジできることはとてもエキサイティングなことです。”勝つ為のサイクルウェア”に恥じないよう全面バックアップしていきます。



ニュースレターに登録してカラーズの最新情報と特典を手に入れよう。
・限定商品やキャンペーン等、ニュースレター会員限定のおトクな情報をお届けします
・ニューモデルの商品情報や販売開始時期
・イベント出展予定や販売店様でのセール情報
公式オンラインショップ/CaLORS Webショップで使える期間限定クーポン(不定期)
・先行予約販売商品なども随時ご案内させていただきます
ご登録いただくメールアドレスをご入力後に【登録】ボタンをクリックしてください。


配信は不定期になります。配信形式はHTMLならびにテキスト形式になります。

ピックアップ記事

  1. 【BIORACER】サイクルレインジャケットKAAIMAN 新発売

関連記事

  1. BIORACER

    【ツール・ド・フランス】第19ステージ Team Dimension Data for Qhubek…

    ツール・ド・フランス第19ステージ、今大会最長の222.5kmのロング…

  2. BIORACER

    シマノ鈴鹿に出展しました

    先週末、8月31日(土)-9月1日(日) の二日間、三重県・鈴鹿サー…

  3. BIORACER

    BIORACER Newspaper – vol.3- Reskin

    「BIORACER Newspaper」ビオレーサー社が、ヨーロッ…

  4. BIORACER

    【オーダーサイクルジャージ】ビオレーサーの最新&最上級ライン『EPICライン』受注受付開始!!

    株式会社Clannote(本社:東京都渋谷区、代表取締役:和田智裕)は…

  5. BIORACER

    UCIグランフォンド世界選手権レースレポート – YURI Fit Cycling TE…

    BIORACER Japanでは、サイクルスポーツ強豪国である本国…

最近の記事

アーカイブ

  1. SAKO7

    SAKO7 2020年コレクション 発売開始!
  2. マーケットプレイス

    日本発の魅力あるサイクルジャージをお届けする【CaLORS・マーケットプレイス】…
  3. BIORACER

    【オーダートライウェア】トライウェアが更に進化、トライスーツリニューアルでライン…
  4. BIORACER

    【オーダーサイクルジャージ】RACEラインの最新サイクルジャージ『クールライト』…
  5. BIORACER

    【オーダーサイクルジャージ】RACEラインのロードレースワンピースに新アイテム追…
PAGE TOP