BIORACER

【オーダーサイクルジャージ】最新の最上級ライン『EPIC(エピック)』 近日リリース・受注開始!!

株式会社Clannote(本社:東京都渋谷区、代表取締役:和田智裕)は、ベルギーのサイクルジャージブランド『BIORACER/ビオレーサー 』の最上級ライン「EPIC(エピック)」のサイクルジャージ、シームレスビブショーツの受注を開始します。

「EPIC(エピック)」は、これまでのレース志向ライン「RACE(レース)」の上位に位置する、ビオレーサー最新の最上級ライン。これまでのRACEラインをベースに、パターン(型紙)はもちろん、素材の開発から縫製方法まで細部にこだわり、ビオレーサーが培ってきた全てのノウハウとトップ選手からの数多くのフィードバックをもとに、2年もの期間を経て開発されたのものです。特に「EPICシームレスビブショーツ』は、これまでのシームレスとは一線を画す、最先端の技術を反映した仕様となっています。

「EPICサイクルジャージ 」と「EPICシームレスビブショーツ」は、すでに「愛三工業レーシングチーム」様、「Roppongi Express」様が採用、2020年シーズンのレースデビューが決定しています。

愛三工業レーシングチーム様 2020年チームウェア

Roppongi Express様 2020年チームウェア

 

 

それでは、最新かつ最上級 EPICラインのアイテムをご紹介します。

EPIC サイクルジャージ 


1. 優れたエアロ性能と着心地を両立するパターンと素材
2. 軽量で着心地が良く、レースポジションでの快適さも両立
3. 新開発のグリッパーを織り込んだ袖口を実現する専用生地
4. 両袖は部位により着圧を調整、筋肉をしっかりとサポート
5. 超軽量で長時間のライドでも快適な優れた通気性
6. 究極のエアロ効果を発揮するロードレースに特化したサイクルジャージ

これまでのRACEラインのサイクルジャージ以上のエアロ性能を維持しながら、より軽量で快適な着心地と通気性を両立させるパターンと素材を採用。両袖は、部位により着圧を調整してしっかりと筋肉をサポートする機能と袖口にグリッパーを織り込んだ素材をメーカーと共同開発。汗が溜まらず、過度な締め付けを防ぎながら、肩口から袖口までしっかりとキープします。

また、ボディの裾には幅広のグリッパーテープを採用し、レースポジションでしっかりとボディを保持してジャージのバタ付きも防止。背面はポケットの位置と大きさも調整し、手が届きやすいバックポケットを実現。貴重品を収納できるファスナー付きポケット(耐水)も装備。

EPIC サイクルジャージ

仕様:RACEフィット、ラグランスリーブ、ローカラー、袖口カットオフ、袖下&両脇メッシュ、前面裾ワイドグリッパー、3分割バックポケット

価 格:15,300円(税別価格)

EPIC シームレスビブショーツ


1. 優れた着心地でストレスフリーなシームレス裾仕様
2. 軽量で着心地が良く、レースポジションでの快適さも両立
3. 新開発のグリッパーを織り込んだショーツ専用生地
4. 部位により着圧を調整してしっかりと筋肉をサポート
5. 超軽量で長時間履いても快適でドライな履き心地をキープするVAPORパッド
6. 究極のエアロ効果を発揮するロードレースに特化したビブショーツ

見た目のスタイルも考慮しながら必要最小限の資材&縫製となるようなパターンを採用。ウェアの軽量化だけでなく、縫い目によるストレスやグリッパーテープによる締め付けの軽減を実現しています。特に、裾の内側にグリッパーを織り込んでグリッパーテープを無くした、いわゆる”シームレス”な裾を実現。汗が溜まらず、過度な締め付けを防ぎながら、しっかりとショーツ部分をキープしてくれます。

【シームレスビブショーツのここに注目!!】

これまでにもシームレスな裾の仕様のショーツは市場にありましたが、 ビオレーサーが満を持してこのタイミングでシームレスビブショーツを発表するには訳があります。EPICビブショーツは改良に改良を重ねており、グリッパーにあたる部分の性能が明らかに高い のが特長です。

ショーツの裾部分をシームレスにするには、内側に直接シリコン製のドットやラインをプリントしたり、シリコンの糸を織り込む必要があります。しかし、グリッパーの大きさや数量、配置など様々な組み合わせがあり、 これまで市場にあったシームレスなビブショーツは着用する人の体型などにより必ずしもベストなものと言えるものではありませんでした。シームレスの部分だけを改良するのではなく、ビブショーツとしての性能を向上させるためには、他にも改良すべき点があったのです。 詳しくは、こちらのブログをご覧ください。

さらにショーツの両脇部分は、裾から上部まで部位によって素材の密度を調整し、着圧をコントロールすることにより高いパフォーマンスを発揮できる仕様となっています。これは、グリッパーを織り込んだ仕様と合わせ、ビオレーサーと素材メーカーが共同で開発したオリジナル素材だからこそ実現できました。

パッドは最新のVAPOR(ベイパー)

そして、パッドは従来パッドの良さを踏襲しつつ、さらなる改良を加えた次世代パッド『VAPOR(ベイパー)』を装着。しなやかでストレッチ性に優れたベース部に優れたクッション性と通気性を発揮する3D成形のEVAフォーム製の左右独立形状のクッション部を一体成形して、以下のような特徴があります。さらに、自社工場で腕の良い職人が、ショーツをマネキンにセットして数mm単位でサイズに応じた適正位置にパッドを装着することで、快適なショーツを生み出しています

1. 従来の『SMOOTH UNI』パッドのわずか30%の素材で軽量化
2. 薄いパッド高=低いサドル重心による安定した自転車コントロール性を発揮
3. 強い衝撃を受けても完全には潰れず優れた衝撃吸収性も発揮
4. 汗を吸わない疎水性素材により常にドライな肌面
5. 優れた耐久性の抗菌処理で常に清潔、臭いの発生を防止

【VAPORパッド】イメージムービー

優れた着心地とグリップ力を両立するグリッパーを織り込んだ裾と部位により密度を調整し、着圧をコントロールしてより高いパフォーマンスを発揮できる”生地”とより少ない素材で優れたクッション性と衝撃吸収性を発揮する”パッド”は、いずれもビオレーサーと素材メーカーが1から共同で開発したオリジナルです。ビオレーサーは、商品のパターン(型紙)はもちろん、生地や素材も含めた開発力で、他社メーカーの追従を許しません。

EPIC シームレスビブショーツ

仕様:RACEフィット、着圧コントロール、シームレスグリッパー、裾カットオフ、ストレッチメッシュビブ、トランシーバーポケット、フラットロック縫製、VAPORパッド

価 格:19,500円(税別価格)


ビオレーサーの全てのアイテムは、ビオレーサー社の会長レイモンド・ヴァンストラーレン氏の言葉「我々の製品やアイディアを模倣する事は出来ても、我々の精神を模倣することは出来ない。」のポリシーに基づき開発されています。


EPICラインの商品ページは近日中に公開、

受注開始予定です。

ご案内までいましばらくお待ちください。


EPICの最新情報をご希望の方は、ニュースレターにご登録ください!!


配信は不定期になります。配信形式はHTMLならびにテキスト形式になります。

関連記事

  1. BIORACER

    BIORACER本社訪問レポートを掲載頂きました

    BIORACER2013年春夏コレクション販売開始後、CYCL…

  2. BIORACER

    【ツール・ド・フランス】第15ステージ Team Dimension Data for Qhubek…

    ツール・ド・フランス第15ステージ、コースの前後半にそれぞれ1級山岳が…

  3. BIORACER

    【ツアー・オブ・ブリテン】第5ステージ Dimension Data for Qhubekaチームレ…

    ツアー・オブ・ブリテン第5ステージは、16.2kmの個人タイムトライア…

最近の記事

アーカイブ

  1. PISSEI

    【PISSEI】2019年秋冬コレクション アクセサリー
  2. BIORACER

    ◆本日から予約開始◆ Roppongi Expressオリジナル『RX&…
  3. PISSEI

    【PISSEI】2019 秋冬コレクション 発売開始
  4. PISSEI

    【PISSEI】2019年秋冬コレクション ベースレイヤー&ビブタイツ…
  5. PISSEI

    【PISSEI】今年はデザイン豊富!!2020春夏コレクション 日本限定デザイン…
PAGE TOP