BIORACER

【サポートチーム】Roppongi Express チーム代表高岡さんベルギー訪問記 Vol.3

BIORACER Japanでは、サイクルスポーツ強豪国である本国ベルギーをはじめ、ドイツ、オランダ、ルクセンブルグなど各国ナショナルチーム採用サイクルジャージ同様の、ハイクオリティなカスタムオーダーサイクルジャージを日本のお客様にお届けしています。

今回も国内屈指のアマチュアサイクルレーシングチーム「Roppongi Express」代表高岡さんのビオレーサー本社訪問記、その3をお届けします。

Roppongi Expressチーム代表高岡さんベルギー訪問記 Vol.3

一通り実験を終えて

一通り実験を終え、全員で結果の認識合わせ。エアロ効果を考慮した場合、基本的には半袖より長袖。そして、エアロソックス・シューズカバーは想像以上に効果あり。設定速度ではタイムトライアルスーツよりもロードレースワンピースのほうが効果あり。など、様々な結果が出て個人的にも非常に面白い内容でした。今後、高岡さんは300種類以上あるビオレーサーのウェアの中から、以下のアイテムを着用しレースに挑んでいくことになりました。

A. EPIC ロードレースワンピース
 >高岡さん用にカスタマイズするので、テスト結果よりさらにワット軽減が期待できる
B. ソックスエアーストライプ
C. シルバーのシューズカバー(TTシューズカバー-SIL)

これでテストや計測は全て無事に終わり、個人的には一安心。最後はこちらのビールKwaremontを飲んで乾杯。こちらのビール、ロードレースの大会等にもスポンサーしている自転車乗りにはたまらないビール。実に美味しい。。これ仕入れられたら最高かも…

一通り終わったので、隣のリドレーの工場を案内してもらい、やり切った安心感とともに帰路へ。気が抜けたのかホテル到着後、財布を風洞実験上に忘れていることに気づき、ヤルマーにお願いしてホテルまで持ってきてもらう。お詫びに私自身が一番好きなベルギービールのLeffeを奢り、みんなで飲みながらこの2日間を振り返り、不明・疑問に思っていた点をクリアにしてこれで本当にすべて終了。

ついでに今晩のおすすめベルギー料理屋を教えてもらい、またまたベルギー料理とビール三昧。おそらくハッセルトのおすすめレストラン、ベスト3は制覇した気がします!

いつもは一人でビオレーサーにくるので、食事は大抵ケバブかベルギースタイルのフライドポテト、フリッツで済ませてしまっていました。ビオレーサーのメンバーと一緒に食事に行っても、ビュッフェスタイルでビールがメイン。きちんとしたベルギー料理を食べた記憶はなく.. 今回初めてベルギー料理は食べたのですが、予想以上(!?)に美味しく大満足。今回は特に高岡さん、福田さんとの会話が非常に楽しかったので、輪をかけて素晴らしい晩御飯にしてくれたと感じました。

終わりに

我々クランノートはメーカーではなく商社ですが、ビオレーサーの良さを最大限に引き出し、日本の文化に合わせて商品・サービスをカスタマイズすること、そして本国と共通認識をもちながら働いていくことが使命だと私は考えています。実はこれは意外と簡単ではありません。多くの高品質・ブランド力のある海外メーカーが国内進出し、カスタムオーダーのビジネスをトライしてもなかなかうまくいかないポイントがここだと思います。

これらを実現できるのは本国CEOのダニーが国際的な視野をもち、我々の要望に柔軟に対応するだけでなく、現場、特にトップクラスの現場を知る開発メンバーが、蓄積されたノウハウを元にウェアを”自社”で商品開発し、”自社工場”で生産できるだけの能力を根幹にもっていることが肝だと。そういう意味でもビオレーサーは本当にすごい会社だと改めて感じました。

CEOのダニーに聞くと、欧州でもビオレーサーの商品を第3諸国のOEM/ODM工場へ送り、模倣品を生産し、無償でウェアをばら撒く戦略をとっている新興のファブレスブランドがいまだに後を絶たないそうです。ただ、そんな状況でも、ビオレーサーとしては十歩も百歩も他社の先をいくことが重要であり、選手の勝利を最優先する理念(MAKE YOU FASTER, FAST ISN’T FAST ENOUGH)を守り続けることが最大のミッションだそうです。結果として、値段で他社製品に浮気したチームも将来的には大半が戻ってくるそうです。

そんな真面目なモノづくりをするビオレーサーを高岡さん率いるRoppongi Expressが選んでくれたこと、またサポート出来ることをとても誇りに思います。この投資の積み重ねが、高岡さんだけでなく、多くのサイクリストのウェアに対する意識を変える事ができるのならば冥利につきます。


Roppongi Expressの新ジャージは2月23日(日)開催の神宮外苑クリテリウムで初披露されました。結果は、マスターズ・タイムトライアルで2位3位入賞、マスターズ・クリテリウムでは、見事に表彰台を独占するニュージャージでのデビューtoウィンを達成されました。ぜひ、みなさんもこれからレース会場に足を運んでRoppongi Expressを応援してほしいです。


Roppongi Express公式ページ:http://roppongi.express



ニュースレターに登録してカラーズの最新情報と特典を手に入れよう。
・限定商品やキャンペーン等、ニュースレター会員限定のおトクな情報をお届けします
・ニューモデルの商品情報や販売開始時期
・イベント出展予定や販売店様でのセール情報
公式オンラインショップ/CaLORS Webショップで使える期間限定クーポン(不定期)
・先行予約販売商品なども随時ご案内させていただきます
ご登録いただくメールアドレスをご入力後に【登録】ボタンをクリックしてください。


配信は不定期になります。配信形式はHTMLならびにテキスト形式になります。

関連記事

  1. BIORACER

    【オーダーサイクルジャージ】アイテム紹介 – RACEラインとPROライン

    ビオレーサーでは、運動量や頻度・予算・デザインなどに応じて、全ての…

  2. BIORACER

    【お客様紹介】Wednesday racing@2Days Race in 木島平村 2019

    BIORACER Japanでは、サイクルスポーツ強豪国である本国ベル…

  3. BIORACER

    オーダーサイクルジャージ展示会を開催します – 2015/2/28@表参道

     ※展示会は終了いたしました。ご来場いただきました皆さま、誠に…

  4. BIORACER

    【Roppongi Express】ハムスタースピン代表福田さんベルギー訪問レポート

    BIORACER Japanでは、サイクルスポーツ強豪国である本国ベル…

  5. BIORACER

    BiORACER FABLICS – TECHNOLOGY&PROPETIES…

    TECHNOLOGYビオレーサーでは、現在の市場で最もテクニカルとされ…

最近の記事

アーカイブ

  1. メディア・プレスリリース

    クランノートのCSR(Corporate Social Responsibili…
  2. BIORACER

    【オーダーサイクルジャージ】商品仕様変更のご案内 – PRO ビブシ…
  3. 商品・機能紹介

    室内トレーニングでも必須!!サイクルウェアがおススメな理由とは?- ビブショーツ…
  4. BIORACER

    【同じに見えて全然違う】グリッパーの違いとは?- 商品・機能紹介
  5. BIORACER

    【オーダーサイクルジャージ】RACEラインのロードレースワンピースに新アイテム追…
PAGE TOP