BIORACER

【サポートライダー】- 梶原悠未選手インタビュー[Vol.1]

BIORACER_Japanでは、海外の舞台にチャレンジしているアスリートをサポートしています。2月末のドイツでの世界選手権でついにチャンピオンとなった梶原悠未選手(筑波大学)に、次の目標である東京オリンピック、大学院への進学との両立などについて伺いました。ロングインタビューを3回にわたりお届けします。

1. 世界選手権優勝について

現在ビオレーサーでデザイン進行中の梶原選手のアルカンシェルのワンピースデザイン

Q1. まずは優勝おめでとうございます。日本では過去男子選手3名しか獲得していない世界選手権での優勝、33年ぶり、もちろん女子では初の快挙です。この優勝をご自分ではどう評価していますか?

ありがとうございます。優勝できとても嬉しかったです。レース内容を振り返ると、前半の3種目を上位でまとめることができ、4種目目に大きなアドバンテージをもってスタートできたことが勝因かと思います。

しかし、最終種目を走っている時に感じたのは、トップ選手たちの走りの力強さです。もっともっと強くならなくては東京オリンピックで優勝することができないなと感じました。

Q2. 当日はお母様の誕生日だったそうで、誕生日プレゼントとして優勝を勝ち取ると決めていたそうですね?

いつもサポートしてくれる母の誕生日に、『誕生日おめでとう』と金メダルをかけてあげるのが夢でしたので、本当に実現できてうれしかったです。

Q3. 以前『オリンピックで金メダルを取るために、世界選手権では1戦も落したくない』とおっしゃっていました。第3種目エルミネーションで落車をしたときは正直どう思いましたか?冷静に対処していたように感じましたが、実際はいかがでしたか?

落車した瞬間は焦りました。呼吸も乱れましたし、何より動揺が隠し切れませんでした。落車の瞬間には気が付いていませんでしたが、実は他の選手に腕を踏まれてしまっていました。落車した瞬間から腕が痛くて腕をおさえていました。

直ぐに日本代表のスタッフの方々が私の元に駆けつけてくれました。自転車もすぐにスタートできるよう代車を持ってきて走れる状況を作ってくれ、自分でも『再乗しよう。一つでも良い順位を取りに行こう。』と気持ちを切り替えることができました。

-実際に大きな怪我にはならなかったんですね?

骨折と脱臼は無かったのですが、直後は腕がとても腫れました。次のレースまでしっかりアイシングし、テーピングを施して残りの種目を走ることができました。擦過傷もひどく、レースで身に着けていたビオレーサー製のグローブとシューズカバーも破けてしまいました。

Q4. 優勝ということは、今まで適わなかった選手に勝てたということですが、勝てた理由は何だと思いますか? 行ってきた練習、対策、その効果がどう出たか教えてください。

フィジカル面では、スピードを強化してきたことが世界の強豪選手と戦う上での自分の持ち札のひとつになったと思います。もうひとつは戦術的なことです。オムニアム4種目すべてを研究していますが、一番苦手としていたエルミネーションを卒論のテーマにして戦術を研究したことで、前半3種目を上位で終えることができるようになったことが大きな勝因だと感じます。

-フィジカル面ではウェイトトレーニングにもかなり力を入れていますよね?

はい。ウェイトトレーニングも上半身のトレーニング種目を増やして時間を割いて取り組んでいるので、全身の筋力がついたと思います。上半身はかなり変わってきました。

Q5. 優勝後はいろいろな第三者からの評価が耳に入ったのではないでしょうか?どのように受け止めていますか?

直接自分宛にいただいたお祝いなどのメッセージは全て読んでいます。とても嬉しいです。

※インタビュー翌日は梶原選手23回目の誕生日でした。おめでとうございます!!

2. オリンピックに向けて

Q6. 今季はワールドカップ4戦目でジェニファー選手(米国)に勝てたことが大きく前進したきっかけだそうですが、今回優勝したことで研究される・追われる立場となった今の自分をどうとらえていますか?対策はすでに考えていますか?

はい、すでに考えています。具体的な内容は戦術に関わるため、今はお話しできませんが、東京オリンピックで最高の成績を収めた後、本などで公表できたらいいなと考えています。

-お話をうかがうと考えることが山積みにも思えますが、話している様子からはご自身は考えることが楽しくワクワクしているように聞こえてきます。

めちゃくちゃ楽しいです(笑) 

Q7. 専属のコーチがいないなか、メンタル面のトレーニングもご自身で行っていると思います。オリンピックに向けてさらにメンタルを強化するために心がけていることはあれば教えてください。

特にこれといって取り組んでいることはないのですが、自分で独自に生み出してやっていることはあります。大学の授業でスポーツ心理学やメンタルトレーニング学も学んでいますので… 

>>vol.2に続く



ニュースレターに登録してカラーズの最新情報と特典を手に入れよう。
・限定商品やキャンペーン等、ニュースレター会員限定のおトクな情報をお届けします
・ニューモデルの商品情報や販売開始時期
・イベント出展予定や販売店様でのセール情報
公式オンラインショップ/CaLORS Webショップで使える期間限定クーポン(不定期)
・先行予約販売商品なども随時ご案内させていただきます
ご登録いただくメールアドレスをご入力後に【登録】ボタンをクリックしてください。


配信は不定期になります。配信形式はHTMLならびにテキスト形式になります。

関連記事

  1. BIORACER

    【https://bioracer.jp】リニューアルのお知らせ

    株式会社Clannote(本社:東京都渋谷区、代表取締役:和田智裕…

  2. BIORACER

    【サポートチーム】ツアー・オブ・ジャパン2019開幕!

    BIORACER Japanでは、サイクルスポーツ強豪国である本国ベル…

  3. BIORACER

    【お客様紹介】One-up cerezo racing・田渕様

    BIORACER Japanでは、サイクルスポーツ強豪国である本国ベ…

  4. BIORACER

    【お客様チーム】SNEL CYCLOCROSS TEAM vol.2-2- 中村龍太郎選手インタビュ…

    私達は、BIORACERを採用いただいた皆さまが勝利すること自体が…

  5. BIORACER

    【サポートライダー】宇都宮シクロクロス Day2でFelipe Orts Lloret選手が優勝!

    12月15日(土)16日(日)の二日間に渡り栃木県宇都宮市の道の駅うつ…

  6. BIORACER

    【BIORACER】全天候・オールシーズン対応可能な素材『TEMPEST(テンペスト)』

    画期的という言葉がふさわしい素材 『TEMPEST(テンペスト)』…

最近の記事

アーカイブ

  1. PISSEI

    【PISSEI】2020 春夏コレクション 発売開始
  2. BIORACER

    【BIORACER】世界最先端のエアロソックス 日本限定カラー第二弾・新発売!
  3. BIORACER

    【オーダートライウェア】トライウェアが更に進化、トライスーツリニューアルでライン…
  4. BIORACER

    【オーダーサイクルジャージ】RACEラインのロードレースワンピースに新アイテム追…
  5. SAKO7

    SAKO7 2020年コレクション 発売開始!
PAGE TOP