BIORACER オーダージャージ

【オーダーサイクルジャージ】アイテム紹介 – シクロクロスに最適なウェアとは?

今年はコロナ禍の影響で、数多くのサイクルイベントが中止や延期。そんな中、11月末に長野県飯山市の長峰スポーツ公園で「シクロクロス全日本選手権」が無事開催され、新たなチャンピオンが誕生しました。

ビオレーサーを愛用の選手・お客様も多数参加され女子エリートの今井美穂選手(CO2bicycle)と女子マスターズの山崎裕子選手(Shonan Avanzar)が見事に優勝、ナショナルチャンピオンに輝きました。おめでとうございます!

また、男子U23では、中村龍吉選手(acu-power RACING TEAM)が3位、小林慶次選手(SNEL CYCLOCROSS TEAM)が5位に入賞するなど、様々なクラスで熱戦が繰り広げられました。


また、同じ11月末にヨーロッパでも今季は5戦のみに縮小となってしまいましたが「UCIシクロクロスワールドカップ」第1戦がチェコのタボールで開催され、各クラスでハイレベルなレースが展開されました。

世界チャンピオンはじめ数多くのフィードバックで日々ブラッシュアップ

シクロクロスの本場ベルギーのメーカーであるビオレーサーは、シクロクロス強豪国ベルギー、オランダ等のナショナルチームのジャージを製作しています。そのため、ビオレーサー製のシクロクロススーツを着用した選手が毎年シクロクロス世界選手権の様々なクラスで優勝、多くのシクロクロス世界チャンピオンが誕生しています。

そして、ビオレーサーのサイクルジャージやスーツは、それらシクロクロス世界チャンピオンはもちろん、日本のお客様からの声をもとに日々ブラッシュアップを続けています。

シクロスロスは秋から冬の不整地で行われ、雨や雪など過酷な天候でもレースが開催されるため、自転車をはじめとした機材とサイクルジャージ選びはとても重要になります。また、シクロクロスはコース中に障害板(シケイン)や階段など、下車して自転車を担いだり、乗車したままジャンプしてクリアすることがあるため、同じエアロスーツでもロード用やトラック用とは違うパターンや生地、縫製方法が求められることは、ご存知でしょうか??

ところで、ビオレーサーには、秋冬向けアイテムに最適な撥水機能も備えたオリジナルの裏起毛素材「TEMPEST/テンペスト」がありますが、意外に思われるかもしれませんが裏起毛素材のシクロクロススーツ=ワンピースはありません。その理由は、1つは裏起毛素材では運動強度の高いシクロクロスでは暑すぎる、そして身体の動きにぴったり追従すべき「スーツ」本来の機能が損なわれてしまうからです。裏起毛素材は、どうしてもスーツで使われている素材に比べ伸縮性が少ないためどんなにパターンを工夫しても身体のどこかに隙間やシワができてしまったり、動いた際に突っ張ってしまうなどのデメリットがあるため製品化されていないのです。

一方、ビオレーサーではこちらの画像で選手が着用しているレース前のウォームアップ後に身体を冷やさないための裏起毛素材の長袖ジャージやジャケット、両サイドがフルオープンになり靴を履いたまま着脱できるサーモパンツなどはもちろん国内ではほとんど見られない裏起毛素材の半袖ジャージやビブショーツなども数多くラインナップしています。ビオレーサーは素材の特性を考慮した上で、各アイテムに最適な素材を選定、製品化を行っているのです。

ベルギーやオランダでは毎週のようにシクロクロスが行われており、サイクルジャージに求められる基準が厳しい環境で鍛えられてきた、という自負がビオレーサーにはあります。シクロクロス強豪国のベルギーやオランダのナショナルチームのサイクルジャージに長年採用されているのがその証拠です。しかも、ビオレーサーならば、日本でもチームのオリジナルデザインでカスタムオーダーする事が可能です。ぜひご検討ください。


シクロクロス・シーン別のおすすめアイテム

レース前のウォームアップ&アフターレース用

レース前のポイントは、とにかく身体を冷やさない事が重要です。また、せっかくウォームアップで身体を暖めた後に、汗で身体が冷えてしまわないよう、汗を発散しながら体温を保温できる点も大切です。さらに、シクロクロスではコースが泥でぬかるんでいたり水たまりがあるので、レース前にはできるだけ濡れない、汚れない事も大事な点です。

【BIORACER TEMPEST/テンペスト】等裏起毛素材のアイテムが最適
素材詳細とコレクション紹介はこちら

RACE 長袖起毛ジャージ
防寒保温撥水素材採用の3シーズン向け長袖ジャージ
素材:TEMPEST
RACE 長袖起毛ジャージを見る

PRO ウインタージャケット
高い撥水・防風保温効果を発揮する厳冬期用ジャケット
素材:TEMPEST PROTECT
PRO ウインタージャケットを見る

PRO サーモパンツ(ZIPPER)
スタート直前まで着用して身体を冷やさないためのパンツ
素材:TEMPERATURE CONTROL
PRO サーモパンツ(ZIPPER)を見る

レース本番用

レース本番で着用するサイクルジャージも、実は身体を冷やさない事が重要。ただし、レース前とは違い、競技時間が短く運動量が多いシクロクロスでは、大量の汗を効率良く発散して汗冷えを防ぐ事が大切になります。そのため、汗を溜めてしまう裏起毛素材ではなく、吸汗速乾性に優れ、なおかつ優れた撥水性で泥や雨水、雪などを寄せ付けない素材が最適です。

また、上下が一体となったエアロスーツは跳ね上げた泥や雨水の侵入と、自転車を担いで走る際のサイクルジャージのズレを防止できるのでおすすめです。

【BIORACER POWER EYELET(パワーアイレット)】使用のエアロスーツが最適

RACE シクロクロススーツ 長袖
サイドパネルをなくし、より体にフィットすることで、ラン・担ぎなど激しい動きにもストレスフリーを実現
素材:POWER EYELET、SIRIO
RACE シクロクロススーツ 長袖を見る

PRO シクロクロススーツ RACE長袖
伸縮性・耐久性が高く、撥水機能のあるパワーアイレット採用、エアロダイナミックな形状のエアロスーツ
素材:POWER EYELET
PRO シクロクロススーツ RACE長袖を見る

PRO シクロクロススーツ 長袖
トレーニングやレースを楽しむサイクリストのために設計されたPROラインのエアロスーツ
素材:POWER EYELET
PRO シクロクロススーツ 長袖を見る

結 論

お手持ちのサイクルジャージを、シクロクロスやロードレース、タイムトライアルなど様々な競技で着用することはもちろん可能です。しかし、シクロクロスに最適なサイクルジャージを選ぶことで、パフォーマンスを最大限発揮することができます。シクロクロス専用の自転車や機材を選ぶように、“勝ち”にこだわる皆さまにはぜひ、機材同様、汎用性ではなく機能面で最適なサイクルジャージを選んでいただきたい。これがビオレーサーからの提案です。

↓↓↓オーダーサイクルジャージラインナップはこちら↓↓↓

 

↓↓↓オーダーサイクルジャージご注文方法はこちら↓↓↓


ニュースレターに登録してカラーズの最新情報と特典を手に入れよう。
・限定商品やキャンペーン等、ニュースレター会員限定のおトクな情報をお届けします
・ニューモデルの商品情報や販売開始時期
・イベント出展予定や販売店様でのセール情報
・CaLORS Webショップで使える期間限定クーポン(不定期)
・先行予約販売商品なども随時ご案内させていただきます
ご登録いただくメールアドレスをご入力後に【登録】ボタンをクリックしてください。


配信は不定期になります。配信形式はHTMLならびにテキスト形式になります。

関連記事

  1. PISSEI

    【PISSEI】2017春夏コレクション 販売開始

    人気サイクルジャージブランド『PISSEI』の2017年春夏モデルを販…

  2. 商品・機能紹介

    初めてのサイクルジャージ・サイクルウェア選び Vol.02【サイクルショーツ・ビブショーツ】

    前回、最初にサイクルジャージ・サイクルウェアを選ぶ際「最初の1着はコレ…

  3. BIORACER オーダージャージ

    いよいよシーズン開幕!シクロクロスに最適なウェアとは? 

    ヨーロッパでロードレース選手の冬場のトレーニングとして始まったシクロク…

カテゴリー

  1. BIORACER

    【オーダーサイクルジャージ】商品仕様変更のご案内 – PRO ビブシ…
  2. BIORACER

    【BIORACER】はじめてのBIORACER(ビオレーサー)秋冬用アイテム・販…
  3. BIORACER

    【同じに見えて全然違う】グリッパーの違いとは?- 商品・機能紹介
  4. PISSEI

    【PISSEI】前面に防風機能を備えたウィンターサイクルジャケット・ガルデーナ
  5. BIORACER

    【オーダーサイクルジャージ】BIORACERの秋冬シーズンおすすめアイテム
PAGE TOP