BIORACER

【同じに見えて全然違う】グリッパーの違いとは?- 商品・機能紹介

見た目も機能もどれも同じように見えて、実はメーカーにより大きな違いがある素材「パワーバンドレッググリッパー」についてご紹介したいと思います。

『パワーバンドレッググリッパーってただのゴムバンドでしょ?』

『どのジャージメーカーも同じような素材使ってるんでしょ?』

ビオレーサーの「パワーバンドレッググリッパー」は、数多くのスポーツウェアメーカーに製品を供給しているイタリアのグリッパーテープ専業メーカーの製品の中から、様々な必要条件を高い次元でクリアする高品質なグリッパーテープを採用しています。

グリッパーテープは、ポリエステルとポリウレタンを組み合わせて伸縮性を持たせたテープで、素材の組み合わせ比率や、幅、厚さなど様々な製品があります。ビオレーサーでは、それら膨大な種類のテープの中からロードレースはもちろん、マウンテンバイク、シクロクロスやトライアスロンなど様々な競技の各国代表選手やトップアスリートからのフィードバックをもとに、それぞれの競技や用途に合わせて最適なグリッパーテープを選択し、製品に採用しています。

ビオレーサー採用グリッパーテープの特徴

1. 優れた通気性と伸縮性
2. きつ過ぎない、しっかりとしたグリップ力
3. 高い耐久性
4. 優れた発色と優れた耐光性
5. 肌への刺激とストレスの低減

前述した通りビオレーサーの「パワーバンドレッググリッパー」は、専業メーカーの製品ですが、ビオレーサーは年間10,000以上のチームへ商品を供給する圧倒的生産数により、イタリア製の最先端素材をいち早く、かつ常に最新の素材を採用することが可能です。

違いその1.耐久性

下の画像右側は他社製ショーツに採用されているグリッパーテープです。画像左側のビオレーサー「パワーバンドレッググリッパー」との差はごくわずかに見えますが、現物を手にとって比べていただければ、テープの厚みと肌触り、伸縮性などが全く異なることが判ります。


多くの他社製ショーツが採用しているテープは、明らかに厚さが薄くその分伸びやすく、肌触りも硬く感じます。「パワーバンドレッググリッパー」は厚みがある分肌触りが良く、なおかつ耐久性に優れています。ポリウレタンを含む素材は、まったく着用しなくても紫外線や空気により徐々に劣化することは避けられませんが、「パワーバンドレッググリッパー」は明らかに他社製よりも長い期間その性能を発揮することが可能。結果として、お気に入りデザインのチームウェアを長く着用できるので、その分経済的にもお得です。

違いその2.効果

多くのグリッパーテープは濡れに弱く、泥々のシクロクロスやスイムを伴うトライアスロン等では伸びてしまってグリップも弱くなってしまうものがほとんどです。「パワーバンドレッググリッパー」も濡れると伸びが発生しますが、厚みがある分その影響は少なく抑えられるので、本来のグリップ力を大きく損なうこともありません。

違いをお分かりいただけたでしょうか? 見た目も機能も同じに見えるものでも、ビオレーサーの製品のその裏には膨大な実証データに基づいた理由が必ずあります。製品の機能自体がパフォーマンスに貢献するだけでなく、確かな品質のウェアを身に着けているという自信がさらにモチベーションを高めます。

ビオレーサーグリッパーテープ採用の主なアイテム

RACE ビブショーツ シリオ
レース志向の高いサイクリストのためのビブショーツ。ショーツ部分に長時間高いパフォーマンスをキープできるSIRIO生地採用。幅広で伸縮性が高く、肌への刺激が少ないレッググリッパー採用。
価 格:18,500円(税別価格)

 

PRO ビブショーツ 3.0
エアロ性能とビオレーサーならではの優れたフィット感を両立。ファンライドからロングライド、競技志向のサイクリストまで幅広く対応。幅広で伸縮性が高く、肌への刺激が少ないレッググリッパー採用。
価 格:14,600円(税別価格)

 

トライウェア トライショーツ2.0
軽量で優れた速乾性を発揮するトライショーツ。ショート、ロングどちらの距離のレースにも最適。水を弾き水中での抵抗を軽減する素材とパネル形状を採用。
価 格:13,700円(税別価格)

 

RACE ロードレースワンピース
トップ選手から高評価のスピードマスタースピードスーツの技術を応用して開発した、ロードレース用スーツ。風洞実験やベルギー、オランダ等ナショナルチームからのフィードバックを元に開発されたビオレーサーを代表するエアロスーツ。
価 格:32,000円(税別価格)

 

RACE ロードレースワンピース メッシュ
軽量なエアーメッシュ素材を前面と背面に使った、蒸暑い天候でも熱がこもらず、熱帯気候でのレースに最適なスーツ。エアーメッシュ素材の構造が、過酷な条件下でも自然に汗や熱を逃がします。
価 格:32,000円(税別価格)

 

ビオレーサー商品ラインナップ


ビオレーサーの全てのアイテムは、以下のポリシーに基づき開発されています。
Our competitors may copy our products and ideas, they can never copy our mentality. 
– Rymond Vanstraelen
我々の製品やアイディアを模倣する事は出来ても、我々の精神を模倣することは出来ない。– BIORACER 会長 レイモンド・ヴァンストラーレン


ビオレーサーのサイクルジャージ、エアロスーツが数多くのナショナルチームやプロツアーチームに採用されている理由については以下もぜひご覧ください。

 


ニュースレターに登録してカラーズの最新情報と特典を手に入れよう。
・限定商品やキャンペーン等、ニュースレター会員限定のおトクな情報をお届けします
・ニューモデルの商品情報や販売開始時期
・イベント出展予定や販売店様でのセール情報
公式オンラインショップ/CaLORS Webショップで使える期間限定クーポン(不定期)
・先行予約販売商品なども随時ご案内させていただきます
ご登録いただくメールアドレスをご入力後に【登録】ボタンをクリックしてください。


配信は不定期になります。配信形式はHTMLならびにテキスト形式になります。

関連記事

  1. BIORACER

    【お客様チーム】SNEL CYCLOCROSS TEAM vol.2-2- 中村龍太郎選手インタビュ…

    私達は、BIORACERを採用いただいた皆さまが勝利すること自体が…

  2. PISSEI

    【PISSEI】2019年秋冬コレクション ベースレイヤー&ビブタイツ

    冬でも自転車に乗って楽しむための一番大切なポイント。それは、「サイ…

  3. BIORACER

    【サポートライダー】ATHLONIA代表 白戸太朗さん – IRONMAN70.3 Liuzhou(…

    BIORACERがサポートする株式会社アスロニア代表でスポーツナビ…

  4. BIORACER

    保護中: 【販売パートナープログラム】スポーツバイクファクトリー北浦和スズキ・鈴木様インタビュー

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  5. BIORACER

    【お客様チーム】クラブシルベスト[後編]

     "勝つため"のオーダーサイクルジャージ・トライウェアに特化したブラン…

  6. BIORACER

    大前翔選手が【BIORACERスピードセンター】体験&トレーニング – vol…

    BIORACER_Japanでは、海外の舞台にチャレンジしているア…

最近の記事

アーカイブ

  1. メディア・プレスリリース

    クランノートのCSR(Corporate Social Responsibili…
  2. PISSEI

    【PISSEI】オールシーズンアイテム・[eVent]採用サイクルジャケット
  3. BIORACER

    【オーダートライウェア】トライウェアが更に進化、トライスーツリニューアルでライン…
  4. BIORACER

    【BIORACER】世界最先端のエアロソックス 日本限定カラー第二弾・新発売!
  5. マーケットプレイス

    日本発の魅力あるサイクルジャージをお届けする【CaLORS・マーケットプレイス】…
PAGE TOP