MS TINA

MS Tina/MS ティナ

MS Tina(MS ティナ)は、ツール参戦実績を持ちフランスチャンピオンにもなった、元自転車選手Marcel Tinazzi(マルセル・ティナッジ)が1986年にイタリアで設立。オールイタリアンメイドで、高品質・高機能なサイクルウェアを提供することで、イタリア国内でも評価の高いサイクルウェア企業です。

本国では老舗且つ強豪チームであるZalfを長年サポート。2014年からTeam VINI FANTINI-NIPPO-DE ROSAへウェア提供が決定したことでも、製品のクォリティの高さとブランドへの信頼が伺えます。
北イタリアはベネチア近くに本社を置くMS Tinaは、イタリアだからこそ入手できる高品質素材や、イタリアの高機能パッド等を積極的に採用し、全ての商品においてイタリア製にこだわり続けています。チームウェアを主軸にビジネスを展開しており、日本国内ではチームウェアの最高級ラインを使用したコレクションを展開しています。
stampa-3

創業者:マルセル・ティナッツィ
1953年北アフリカにて、イタリア人の父とフランス人の母の間に生まれる。1977年の大会でフランスチャンピオンとなり華々しいデビューを飾った。1980年には、ツール・ド・アウディで優勝。

2年後には伝統のボルドー~パリレース(約600km)で優勝。1981年には5位、1983年には4位入賞していることもあり、彼には相性の良いレースであった。1973年のワールドチャンピオンシップでは6位、1975年には4位に入賞。1983年ロンド・エクス=アン=プロヴァンスにて優勝。同年の末、 UNCP (Union of French Professional Cyclists)に選出されている。

彼はイタリア人女性と情熱的な恋におち1986年にイタリアに移住。自転車に対する彼の使命感に国境は無く、1987年にはサイクリストのために高性能・高機能なサイクルウェアを作ろうと、これまで培った自身の経験をMstinaに捧げることを決めた。

100%イタリアンメイドの自信
MS Tinaの製品は、最新の技術と確かなデザインセンスを、自転車競技にかけるMS Tinaの情熱をかけ合わせる事で生まれる、たゆまぬ努力の結晶だと考えています。

MS Tinaのどの製品からも、イタリアの情熱と本質を感じる事が出来るのは、MS Tinaがデザインから出荷まで、オールイタリアンメイドを貫いているからに他なりません。

MS Tinaの製品にあふれるエレガントさと高いデザインセンスは、創業以来25年以上、MS Tinaがサイクルウェア注いできた愛と情熱の証と言えるでしょう。

Team NIPPO 商品はこちらをご覧ください(CaLORS Webショップ)

MS TINA 商品はこちらをご覧ください(CaLORS Webショップ)

  1. SALICE

    【SALICE】 2016年より登場の新レンズ『IR-INFRARED』
  2. MYN

    2017 SS MYN(マイン) 新作コレクションの発売を開始
  3. BIORACER

    ベルギーナショナルチームデザインの2017年モデルサイクルジャージ発売開始
  4. SAKO7

    SAKO7 2017年の新作を発表
  5. PISSEI

    PISSEI 取扱店のご紹介
PAGE TOP