SALICE

SALICE(サリチェ) 始めました – Part 01

logobianco.jpgのサムネール画像

 

サイクルウェアを専門に卸す弊社としては、異色の取扱品Salice(サリチェ)。我々も当初、某イタリア人のマフィア的ルート(笑)から取扱いの打診を受けた時は、断る予定でした。サリチェは知る人ぞ知るイタリアの有名ブランドですが、国内では某大手ブランドの一人勝ち。ブランド認知から展開していくにはかなり大変な作業かなぁと。ただ断るにしても実際に訪問し社長とじっくり話をしてから最終判断を下すのが筋だと思い、昨年本社へ訪れました。ただ、訪問するからには国内展開の絵を描いておかなければ、と言う事でPISSEI(ピセイ)とのコラボ商品を事前に提案していました。

IMG_0034.JPG

サリチェ本社

サリチェは、コモ湖北部に位置するグラヴェドーナに本拠地をかまえています。夏はバカンスの人たちで賑わう、非常に景色の良い街です。ただ、訪問するには都市部からかなり遠方で気合いがいりますが…本社は地元の人であれば誰もが知っている、雇用も含め地元に大きく貢献している企業の一つです。工場の外観が工場らしくなく見つけるのに少々時間を要しましたが、歴史ある会社だけにかもしだす雰囲気も独特でした。09.jpg

役員会議室

到着後、今までやり取りをしていた営業担当から役員会議室に通され、待つ事30分以上。3代目であり、初の女性社長であるAnnSaliceが登場しました。ヨーロッパの自転車業界並びにスキー業界での知名度は抜群。歴史ある会社の責任者は、まさしくゴッドファーザーの女性版と言っても過言ではない、ただならぬ雰囲気を醸し出していました。恐らく初めは、「こんな若造が何しにきた?」と思われた事でしょう。実際に先方が想定していた私の年齢は10歳以上も下でしたので… 苦笑

そんな中、日本での展開について現状や競合、海外通販の事など様々な話をしました。他のメーカーですと日本の状況が分からないので、非常に興味深く聞いてくれるのですが、社長はどちらからと言うと「こいつに任せる事ができるのか?」と私の人格を品定めをしているような雰囲気で、頷きもせず、ただひたすらこちらの目をみている。そんな感じでした。正直、こちらも事前に販売店へ認知度を調査、殆どの店長/店員がサリチェを知らない現状で、他国同等の条件やコラボの話が無いと厳しいかなぁと。ただ、イタリアではピセイよりもサリチェのほうがブランドとしても数段上、また今までサリチェがコラボをやった実績など聞いた事もないので、無駄足になるかなぁと思ったのですが…

次回に続く….

Salice商品はこちらからご覧ください。

Roubaix2013_0139228_1_full.jpg

サリチェ – ランプレ

関連記事

  1. SALICE

    SALICE(サリチェ)コレクション受注予約中!! ~1/30(金)まで

    ※ご予約受付は終了いたしました。入荷までお待ち下さいますようお願いいた…

  2. SALICE

    【SALICE】 2016年より登場の新レンズ『IR-INFRARED』

    2016年3月入荷予定 新レンズ『IR-INFRARED』…

  3. SALICE

    【SALICE サングラス 012】 – SALICE Collection

    SALICEの2015年新モデル『012』 追加が入荷しま…

  4. SALICE

    【SALICEサポートライダー】澤木紀雄選手サングラス使用レポート

    株式会社Clannoteのサポートアスリートで、普段はバイシクルメッセ…

  5. SALICE

    [プレスリリース] Salice サングラス日本本格進出致します – 2014/04/0…

    イタリア老舗アイウェアブランド「SALICE」日本への本格参入が決定2…

最近の記事

アーカイブ

  1. MYN

    MYN 2018年春夏コレクション 発売開始
  2. PISSEI

    PISSEI 2018 秋冬コレクション 発売開始
  3. PISSEI

    PISSEI 2018 秋冬コレクション 日本限定デザインモデル 発売開始
  4. PISSEI

    PISSEIが採用している高機能透湿素材【eVent】とは?
  5. BIORACER

    【発売開始】日本限定商品・BIORACER トライブレンド Tシャツ
PAGE TOP