BIORACER

BIORACER Newspaper – vol.1- BiORACER Speedwear

「BIORACER Newspaper」
 ビオレーサー社では、ヨーロッパの販売店の店頭で「BIORACER Newspaper」という新聞スタイルのリーフレットを配布しています。
既に発売中の商品だけでなく、開発の最終段階でトップアスリートが実際のレースでテスト中の商品についても掲載しています。中には日本では提供していないサービスの記載もありますが、この記事を通して、ビオレーサーが技術開発に注力している理由や、何故トップ選手からの信頼が厚いのかが垣間見えると思います。
 CaLORSのブログでは、このBIORACER Newspaperの内容を毎回ピックアップしてご紹介します。第1回は、タイムトライアルではビオレーサーが表彰台に上がらない日は無い、とも言われる「スピードスーツ」についてです。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 
vol.1- BIORACER Speedwear
bioracernews_01.jpg
ビオレーサーのカスタムスピードスーツで記録を塗り替える!
(※現在、ベルギーのビオレーサー本社でのみ提供しているサービスです。)
空力学的に最適なライディングポジションの研究を通じて、ビオレーサーはライダーにとって空力学的に決定的な要素は「サイクルジャージ」である、と確信しています。そのため、ビオレーサーでは、スピードスーツは、タイムトライアル選手の身体データを選手ごとに個別に測定、カスタムメイドしています。
 身体データを正確に測定することにより、フラットな縫い目を使い、より効果的な裁断を施し、より適切な素材を決める事ができます。その結果、より効率の良いパフォーマンスの高いスピードスーツが出来上がります。
 この工程を経ることで、2012年ロンドンオリンピックでは12のメダル、フォルケンブルグの世界選手権では8つのメダル、フローレンスの世界選手権では7つのメダルを獲得することが出来ました。このメダルの数の中には、トニー・マルティン(男子)、エレオノラ・ファン・ダイク(女子)、イゴール・デクラーン(ジュニア)の3選手の、タイムトライアルでの優勝も含まれています。
 一般のタイムトライアルのアスリートやトライアスリートは、ベルギーの本社で「カスタムスピードサイクルジャージ」と呼ばれるこのサービスを受けることができます。一体どのようなサービスなのか、ご紹介します。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
1)あなたが入力したデータから、目的やゴールを一緒に考えます
設定した目標に基づいて、ビオレーサーの商品開発チームがスピードスーツの最終的なデザインを決定します。デザインが決定する間に、型(タイムトライアル、トライアスロン、スプリントなどから選択)と、フィット感(空力学的、またはアスレチックなコンフォートフィット)、そして最適な生地(素材)を選びます。
2)ビオレーサーのパターン担当者と商品開発担当者が、あなたの身体データを測定
測定することで、最低限の縫い目でタイトフィットな最適なフィット感を備えたスピードスーツが作られます。
3)デザインが決定、製造開始
お客様とご相談のうえ、納品日が決まります。
4)カスタムメイドのスピードスーツでレースに出場! 
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
このように、プロのアスリートに提供しているサービスや技術を、一般のアスリートにも提供しているのもビオレーサー社の特徴です。その理由は、サイクリストが感動する「勝つため」のサイクルジャージを提供することを信念に掲げているからです。
勝つためのバイクへの機材投資は勿論のこと、その情熱をサイクルジャージにも注いでいただけたら。CaLORSは、そんな想いを込めて、この高機能で確かな品質のビオレーサー社製品をご紹介、販売しています。
– ビオレーサーの商品は、こちらからご覧ください。
https://www.cyclingwear.jp/products/brands/bioracer/

関連記事

  1. BIORACER

    【好評連載中!!】梶鉄輝選手のシクロクロス・ベルギー遠征日記 – Vol.2 初戦編

    BIORACER_Japanでは、海外の舞台にチャレンジしているア…

  2. BIORACER

    「JUNIOR TRACK WORLD CHAMPIONSHIPS」でBIORACER製ウェアを着る…

    Photo:Peter Schep - オムニアムレース表彰式、右端が…

  3. BIORACER

    【BIORACER・ロングインタビューVol.2】ビオレーサーが考える”開発”…

    2019年1月、BIORACER(ビオレーサー)の本社事業開発担当…

  4. BIORACER

    熱遮蔽機能素材『coldblack®』採用のサイクルジャージ販売開始

    株式会社Clannote(本社:東京都渋谷区、代表取締役:和田智裕)は…

  5. BIORACER

    BIORACER(ビオレーサー)”全天候対応チームキット”

    ノルウェー西部のベルゲンで開催中のロード世界選手権2017。『BIOR…

カテゴリー

  1. PISSEI

    初めてのサイクルジャージ・サイクルウェア選び2020 – おすすめア…
  2. BIORACER

    【オーダーサイクルジャージ】RACEラインの最新サイクルジャージ『クールライト』…
  3. BIORACER

    【同じに見えて全然違う】ビオレーサーエアーストライプの違いとは?- 商品・機能紹…
  4. BIORACER

    【ビオレーサー】冬のサイクルジャージ着こなしガイド2020 – ビオ…
  5. BIORACER

    【オーダーサイクルジャージ】商品仕様変更のご案内 – PRO ビブシ…
PAGE TOP