BIORACER

BIORACER Newspaper – vol.2- BIORACER TRIATHLON

「BIORACER Newspaper」
ビオレーサー社が、ヨーロッパの販売店の店頭で配布している「BIORACER Newspaper」。第2回は、BIORACER_Japanでもアスロニアとのオーダーサイクルジャージ・トライウェア事業を開始した、トライアスロンウェアについてお伝えします。
ビオレーサーは、サイクルジャージやスピードスーツだけでなく、トライアスロンの分野でも研究を重ね、「勝つ」ためのトライウェアを提供し続けています。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 
vol.2- BIORACER TRIATHLON
20140629_bionews.jpg
 トライアスロンにかける情熱
 ビオレーサーは1984年にバイクフィッティングシステムを開発、1986年からはサイクルジャージの開発をスタートしました。自転車を愛するアスリートが感動する商品を提供することを信念に掲げ、国内外の大学や研究施設との実証データーを元に次々と革新的な技術そして商品を発表しています。
 トッププロ選手から絶大なる信頼を得ている証拠に、ビオレーサーのサイクルジャージを身に着けたアスリート達が、オリンピック・世界選手権・国際大会等で、様々な国の男子・女子・ユースなどこれまでに410ものメダルを獲得しています。
 ビオレーサーのロゴでもある、レオナルド・ダ・ヴィンチの「人間は万物の尺度である」という言葉は、ビオレーサーが新しいトライアスロンウェアを作り出す際の指針となっています。
 運動中の「快適さ」と発揮できる「パフォーマンス」は、サイクルジャージによって大きく違ってきます。サイクルジャージの製造における、テスト、検証の工程において、私たちはそれぞれ最適なプロアスリートの協力を得て共同開発し、製品にフィードバックすることで、より良いチームサイクルジャージ・より良いコレクションをお届けすることが出来ています。
無駄をそぎ落とした機能的な設計
機能性、快適性、パフォーマンスが最適なサイクルジャージとはなんだろうか?サイクルジャージの形状は機能に、素材(生地)は気温に起因します。BMXはロードレースとは違うように、トライアスロンにはサイクリストのサイクルジャージとは異なった何かが必要だと私たちは考えています。ビオレーサーのトライアスロンウェアの品揃えは幅広く、それぞれのサイクルジャージに異なった機能・特徴があります。だから、あなたがロングディスタンスを専門としていても、あるいはスプリントを得意としていても、個人で競技に参加していても、チームに所属していても、ビオレーサーならばあなたにピッタリなサイクルジャージが見つかるはずです。
ルーツはスポーツにあり
ビオレーサーがユニークな理由、それは3人のプロダクトマネージャー全員がスポーツ経験者であることです。サイクルジャージ部門PM達は元プロ自転車選手、そしてトライアスロン部門PMは現役トライアスリートで、2014年のIMフランクフルト大会にも参加を予定しています。彼らの生きた経験と知識が、あらゆるアスリートそれぞれに適したサイクルジャージを開発するヒントを生み出しているのです。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 
20140705_bionews.jpg
ビオレーサーのトライアスロンパッド : かさばらず快適にライド出来るパッドを
                       by Sam Ratajczak Product Developer(プロダクトデベロッパー)
完璧なトライアスロン用パッドを研究するなかで、ビオレーサーは新しいパッドをただ開発しただけではありません。自社が開発したそれぞれのパッドが「どのくらいの快適性能を持っているのか」に注目し、科学的なツールを使って測定した、最初で唯一のブランドなのです。測定の結果を基に、ビオレーサーは最高レベルの快適性能を持ったパッドを造り出すことができました。
新技術をライドの楽しさに変える
新素材を様々な密度で用いる事で、サドルとの間の通気性を向上させる空気の溝が生まれます。これがビオレーサーのディンプルレイヤー技術です。この技術を採用したビオレーサーのパッドを使うことで、過酷なレース状況であっても、サイクリストは快適に競技にのぞめるのです。
トライアスロン用パッド
ビオレーサーのディンプルレイヤー技術を基に、軽量化と通気性が高いただけでなく、形状が非常に安定した、類を見ない程最軽量な新しいトライアスロン用パッドが誕生しました。それはたった1つの素材の層からできており、ロングディスタンスで必要なサポート機能を備えています。また、驚くべきは、パッド重量は通常のA4用紙5枚程度。スムーズにライドができ、一般的なサイクリング用パッドのようにかさばらないので、ランの間でさえパッドを付けていることを忘れてしまう程快適な履き心地なのです。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 
 このように高品質なサイクルジャージを、トライアスロンのカスタムでも実現できるのが、アスロニア x ビオレーサーのオーダーサイクルジャージ・トライウェアサービスです。いままでのトライアスロンウェアでは満足できなかったチームの皆さま、次のサイクルジャージは、ビオレーサーでオーダーしてみませんか?
– 詳細はこちらをご覧ください。
http://athlonia.com/information/shop/bioracer.html
– カスタムオーダートライウェアに関する問合せはメールにて:station@athlonia.com

【SALICE サングラス 006 RW-CDM】 – 2014SS Collection前のページ

【シルベストサイクルみのおキューズモール店】広い店内、ウェアの品揃えも充実次のページ

ピックアップ記事

  1. 【BIORACER】世界最先端のエアロソックス 日本限定カラー販売開始!

関連記事

  1. BIORACER

    【サポートライダー】梶原悠未選手が出場全レースで優勝!圧倒的な強さを発揮!

    BIORACER_Japanでは、海外の舞台にチャレンジしているア…

  2. BIORACER

    【サポートライダー】宇都宮シクロクロス Day2でFelipe Orts Lloret選手が優勝!

    12月15日(土)16日(日)の二日間に渡り栃木県宇都宮市の道の駅うつ…

  3. BIORACER

    【好評連載の番外編】池本選手・梶選手のBIORACER本社訪問レポート・その3

    BIORACER_Japanでは、海外の舞台にチャレンジしているアスリ…

  4. BIORACER

    【オーダーサイクルジャージ】アイテム紹介 – RACEラインとPROライン

    ビオレーサーでは、運動量や頻度・予算・デザインなどに応じて、全ての…

  5. BIORACER

    【Bioracer(ビオレーサー)】好評につき第4弾!!インドアトレーニングアイテム受注予約開始です…

    株式会社Clannote(本社:東京都渋谷区、代表取締役:和田智裕)は…

  6. BIORACER

    【BIORACERデザインコンテスト】第2回グランプリ作品販売開始!!

    株式会社Clannote(本社:東京都渋谷区/社長:和田智裕)は、【第…

カテゴリー

  1. BIORACER

    【オーダーサイクルジャージ】商品仕様変更のご案内 – PRO ビブシ…
  2. メディア・プレスリリース

    クランノートのCSR(Corporate Social Responsibili…
  3. PISSEI

    【PISSEI】しっかりした防寒機能を備えたウィンターサイクルジャケット・モンビ…
  4. BIORACER

    【サポートライダー】- 梶原悠未選手に最新のBIORACER製アルカンシェルデザ…
  5. BIORACER

    【同じに見えて全然違う】ビオレーサーエアーストライプの違いとは?- 商品・機能紹…
PAGE TOP