ニッポ・ヴィーニファンティーニ

【NIPPO・ヴィーニファンティーニ】ジロ第4ステージ ダミアーノ・クネゴ選手が山岳賞ジャージ獲得

0511_nippo.jpg
5月10日開催されたジロ・デ・イタリア第4ステージで、チームキャプテンであるダミアーノ・クネゴ選手(イタリア)が、この日2つめの山岳ポイントを首位通過し、山岳賞ポイントを7ポイント獲得。同ポイントの選手がいますが、個人総合成績での順位から、山岳賞リーダーとなり、マリア・アッズーラ(青色のジャージ)を獲得しました。
ダミアーノ・クネゴ選手のコメント

cunego2.jpg

「今日の調子は良く、アタックが成功して山岳賞を獲得できたことを嬉しく思っている。最後の区間優勝争いに加われなかったことは残念だが、良い感触なので、これからのステージでさらなる活躍をしたいと思う。
総合優勝した2004年以来、12年ぶりにジロ・デ・イタリアの表彰台に立てたことはとても嬉しい。2004年以来、世界の多くの国で、たくさんの表彰台に乗ってきたけど、ジロの表彰台に乗る機会には恵まれなかった。2004年の総合優勝から、自分の周りでは多くのことが変わった。でも、表彰台に立つ嬉しさは、あのときと何も変わらない。自分を信頼してくれるチームメートや監督、マネージャーたちにも感謝したいと思う」



山本元喜選手のコメント

0209nippo03-thumb-200x300-3551.jpg
「オランダでのステージとは異なり、なかなか逃げが決まらず、逃げが決まってからも、追うのか追わないのか、悩むような展開だった。タイム差が3分に開いたところで、チームで組織的に追うこととなった。グロスを乗せたかったけど、グロスが追いつく前に集団は吸収されてしまった。でも、この動きのあいだ、クネゴは休むことができていたので、山岳賞につながったと思うと良かった。
上りで集団から遅れてしまったが、自分の仕事は終わっていたので、無理はせずに30人ほどの後方集団でゴールをめざした。やはり今日は仕事をしたので、疲れは残っているものの、イタリアに入ったことで、道路に変な障害物などはなく、走りやすくなった。自分の調子は良かったので、明日からのステージも頑張りたいと思う」
※NIPPO Racing Project WEBページより

関連記事

  1. ニッポ・ヴィーニファンティーニ

    NIPPO ヴィーニファンティーニ 2017シーズン・チームウェア販売開始

    株式会社Clannote(本社:東京都渋谷区、代表取締役:和田智裕)は…

  2. ニッポ・ヴィーニファンティーニ

    2017年、日本人有力選手3名と新規契約

     JAPANプロサイクリングと連帯し、東京五輪へ駐日イタリ…

  3. ニッポ・ヴィーニファンティーニ

    【ツール・ド・コリア】第3ステージ NIPPO ヴィーニファンティーニ・チームレポート

    ツール・ド・コリア第3ステージは、昨日同様中盤に3級山岳を含む細かいア…

最近の記事

アーカイブ

  1. MYN

    MYN 2018年春夏コレクション 発売開始
  2. PISSEI

    PISSEI 2018 春夏コレクション 日本限定デザインモデル 発売開始
  3. SAKO7

    SAKO7 2018年コレクション 発売開始
  4. BIORACER

    BIORACER X STARWARS ジャージ販売開始!
  5. PISSEI

    PISSEI 2018 春夏コレクション 発売開始
PAGE TOP